指紋認証入退室管理システム
パソコン用指紋認証システム
組み込み用指紋認証モジュール








パソコン用指紋認証システム − 製品導入例
電子カルテ真正性管理システム

電子カルテの改ざんや不正アクセスを防止するため、指紋認証で真正性を管理するシステムです。


カルテの作成:真正性
入力されたID番号で登録済の指紋データをサーバから呼び出し、
指紋リーダーから入力された指紋データと照合。
 
当該患者に対するカルテ作成責任者である事が認証された後カルテを作成して格納。

外ドア、内ドアの二重で認証することで、 より強固なセキュリティを実現できます。
カルテ確定権限のある第三者が対象とするカルテを選択。
電子署名とタイムスタンプにより電子カルテ証明装置でカルテ内容の確定処理を行う。
確定データがカルテに追加される。
確定したデータをCD-R(Write Once)に書き込み保存。